まずは弁護士が最高です

相続税、或いはその申告の相談をするのであればまずは弁護士でしょう。そもそも弁護士というのは基本的にどんな法律行為に対しても相談を受け付けることができるようになっています。ですから、弁護士にすることはとてもよいことであるといえるでしょう。しかし、結構なお金がかかることになりますから、これは覚悟しておくしかないです。ですが、出来ることがいくつもあるのであれば、申告をしないといけないのであれば相談するしかないでしょう。

費用的な問題としては

費用的なことを考えますとやはり弁護士は厳しいことがあります。遺言書を遺したりする時には相談するべき相手であるといえますが、相続税の節税などが目的であるならば、税理士でもよいでしょう。むしろ、そちらほうが少なくて済む、と言う可能性が高く、お勧め出来るといえるほどです。費用的なこともそうではあるのですが、問題となることはメリットであり、そちらのほうが重要になります。キチンと比較してから依頼するようにしましょう。

節税が出来る部分としては

節税に関する相談もしたほうがよいでしょう。実は簡単にできることがいくつもあります。それはなんといっても贈与です。贈与税というのも当然存在しているわけですが、実は非課税枠というのがキチンとあります。これを毎年利用することによって、かなり節税ができるようになりますから、お勧めできることです。毎年、110万円の非課税枠がありますから、これをしっかりと活用して、出来るだけよい相続ができるようにするとよいでしょう。

相続の申告を税理士とは相続の申告手続きを税理士に任せようということです。税理士に任せることで相続の複雑な手続きから解放されます。