火災保険とはどんな保険?

火災保険とは火災を初めとした多くの災害で建物や家財が損害を受けた時に補償してくれるものです。主に住宅火災保険と住宅総合保険の二種類に分かれており、住宅火災保険なら火災や落雷、風災などの基本的な災害に対する補償ですが、住宅総合保険はさらに水災や盗難などに対する補償を受けることが出来ます。様々な保険会社が火災保険を提供しており、それぞれ料金や補償内容が違ってくるので自分に合った火災保険を選ぶ必要性があるでしょう。

一戸建てならほぼ必須!?分譲マンションは?

一戸建てや分譲マンションに住む時に火災保険に加入しておくべきかどうかで悩むかもしれませんが、一戸建ての場合は何が原因で災害による被害に遭うか分からないので加入しておくのがベストでしょう。しかし、分譲マンションの場合は共有部分が災害の被害に遭っても管理会社が保険をかけているので、専有部分に保険をかけるかどうかがポイントになります。どんな被害に遭うか分からない以上は保険をかけておいたほうが良いかもしれませんが、建物ではなく家財のみを保険の対象にすることも出来ます。

賃貸住宅で火災保険を選ぶ!指定された保険に加入?

賃貸住宅に住む上で火災保険を選ぼうとしたときに注意しておきたいのが、不動産会社などが指定した火災保険に加入しなければならないというケースです。相手が必ずこの火災保険に加入しなければならないと言ってきたら選択の余地はありません。逆にどうしてもというわけではないなら自由に選ぶことが出来るでしょう。例え指定された火災保険に加入しなければならないとはいっても、他の火災保険の内容とそこまで大きな差があるわけではないので気にならないのであればそのまま加入してしまっても良いかもしれません。

2×4住宅は、一般の木造住宅に比べ耐火性能がよいため火災保険の割引を受けることができるようになっています。