レバレッジをかけることになりますが

信用取引とはレバレッジこそが重要です。要するにこれが倍率、ということになります。しかし、では、どうすればよいのか、といいますと分限を極端に超えないことです。分限を絶対に超えない、ということは不可能ですし、意味もないでしょう。あくまでレバレッジをするからこそ、信用取引の旨みがあるのです。それこそが信用取引の基本中の基本であり、リスキーであるからこそ、リターンも大きい、ということになりますから、よく覚えておきましょう。

どんな取引をするのか

株式もありますし、先物投資もあります。FXなどは最近になってとても人気になってきた取引です。特にFXなどはレバレッジに規制をかけるようになりました。今までは数百倍も法律上問題はなかったのですが、今では基本的には25倍までが限界、ということになっています。それでもかなり高いですから、注意しましょう。例えば100万円が自己資金であれば2500万円まで投資できます。逆をいいますと元金なんてすぐに溶けてしまうことがあるのです。

リターンが大きいことも確か

信用取引はさすがにリスクが高いのですが、それでもリターンが大きいことでもあります。だからこそ、多くの人を惹き付けるような取引になっている、ということは間違いないことであるといえるでしょう。では、どのようなリターンが期待できるのか、といいますとそれこそ天井知らずです。レバレッジにもよることではありますが、数百倍程度の利益を出した、という夢物語的なことはよく耳に出来ることでしょう。みんながそれを狙っているわけです。

信用取引とは、自らの資産を担保にし証券会社からお金を借り入れて持っている資産以上の株式の取引を行うことです。メリットは、証券会社から資金を借りることが出来るので大きな利益を生み出すことが可能です。