ファンドの良し悪しの見方について

ファンドというのは、意外とはっきりと良し悪しがわかります。要するに今までの成績を見ればよいのです。それだけ今後もそれなりに予想することができます。しかし、これも当たり前ではありますが絶対ではないです。ですから、どのファンドにするにしてもリスクはあります。ほぼノーリスクといえるのは日本国債くらいな物であり、これはとてもお勧め出来ることであるといえますが、運用益をしっかりと狙いたいのであればやはりファンドに投資しましょう。

自分でやらない理由について

そもそもどうして自分で投資をしないのか、ということになりますが、簡単に言えば自信がないからでしょう。或いはそんな人がない、という人もいます。投資家であればともかくとして、あくまで個人であれば仕事が他にあるならば、どうしても投資に全力を投入することができないのです。ですから、人に任せてしまう、という方法があるわけですが、その先としてファンドがあります。いくらでも調べようがありますから、よく探すことです。

結局は自己責任になります

どうしても投資というのはすべてが自己責任になりますから、これは注意したほうが良いでしょう。つまりは、リスクというのは自分で負うことになります。投資信託であろうとなんであろうとそれは同じなのです。但し、ファンドに投資をして失敗しても元本を下回る損はないので心配は無要であるといえます。その点においてはまったく気にしないでしょう。しかし、損をすることはあるのでどの道を気をつけることになります。これはどの投資でそうなるのです。

ファンドの会社を上手に活用することにより、株式や投資信託などの資産運用のコツをつかむことが可能です。